成増のジムにはキャンペーンがある

成増のジムでは入会するときにはキャンペーンを行ってることがあります。そのようなときに契約するととてもお得になることがあるので、少しでも成増のジムへの入会を考えている方にとってはチャンスとなります。キャンペーンの形はさまざまありますが、良くあるのは数ヶ月間の月額会費の免除です。
例えば2ヵ月の会費割引の期間に、ある程度のダイエットに成功すれば、0円で成果を得られることとなりモチベーションも高められます。24時間営業の場合、スタッフがいない時間帯もあるため必ず確認してから行くことをおすすめします。また、近年ではWeb上で入会できるシステムを設けているところが多いです。この場合は受付で手続きをする時間を省き、直ぐにトレーニングができるため大変便利です。

会員のみが受けられる特典について

会員になると、会費に数百円プラスすると特典が受けられるケースがあります。トレーニングは無理なく行うべきで、スタッフからも十分なアドバイスを受けているにかかわらず、走っているときに捻挫をしてしまうなど体を痛めてしまうことがあります。そのときに保険に入っていると大変便利です。病院に通うことになると一度で治ることはありません。捻挫などの場合は数回通う必要があると思いますが、そのときにある程度の金額が入るととても助かります。
保険の内容はさまざまですが、中には敷地内の駐車場や階段などでのケガも対象となってることがあり、気持ちにゆとりが生まれます。保険以外にもさまざまな割引を受けられる特典もあります。水族館などのレジャー施設でのチケットが割引になったり、レストラン、宿泊施設の割引もあり月に一度利用するだけで、お得になるものが多いです。

水素水の提供について

水はトレーニングに欠かせません。施設内で定額で提供してくれるサービスがあると毎回持参しなくてもよいので大変便利です。特に水ではなく水素水であるとトレーニングにプラスになるので利用できると助かります。水素水にはポリフェノール、ビタミンC、コエンザイムなどが含まれているため癌や糖尿病の抑制機能が強まります。
運動後2時間の間なら体内への吸収力が高く、特に30分以内はゴールデンタイムといわれ、良い物を積極的に取り入れるべきなので水素水は大変人気があります。しかし、水素水をつくる機械は高価なものも多く、スペースも必要となるため自宅で用意することはなかなか難しいです。そのため施設内で提供してくれるサービスがあるととても便利です。

アプリでサポートする成増のジム

成増にあるジムではスタッフが常駐していない時間に利用者が困らないように、専用のアプリでサポートしています。せっかくトレーニングに行ったのなら待ち時間なくマシンを使いたいですが、過去一週間の利用状況が確認できるので、混雑していない時間を予測できます。
入会したばかりの人は、マシンの使い方が分からないこともありますが、分かりやすい動画でのサポートがあるため、スタッフがいないときに行っても問題ありません。運動と共に食事療法も同時に行うと効果が出やすいのですが、目的に合わせた食事メニューもあり、自宅やお買い物時に確認できるのでとても便利です。また、自分専用にカスタマイズすることもできるため、どのような時に効果が出ているのかを確認することができます。

パーソナルトレーニングもあるので相談できる

成増にあるジムを選ぶ場合には、しっかりとした知識を持ってるスタッフにパーソナルとレーニンができる体制があるところがおすすめです。ひとりひとり理想とする体型は違います。特に始めたばかりの時には、理想の体型になるためにはどのようにマシンを使いこなせば良いのかサポートしてもらえると安心です。もちろん専用アプリで確認することが出来るのでしょうが、間違って理解してしまうこともあります。
マシンの使い方はほんの少しの力の入れ方で、筋肉の付く場所が違います。また、最初に成果がでたにもかかわらず、その後全く結果が現れなくなってしまったり、逆に体重が増えてしまうということもあり、そのようなときにパーソナルトレーナーの存在はとても頼りになります。

その場でアドバスを受けられる環境もある

常にパーソナルトレーナーがいて、個人的なメニューを組んでくれるところは、結果がでやすいことは確かですがとても高額です。また、数ヶ月通い理想のボディを手にいれ、その後はいままでのトレーニングを止めてしまい、食事制限もそれほどない生活をすれば当然リバウンドが起こります。いつもパーソナルトレーナーとともにトレーニングしなくても、ちょっとしたアドバイスがもらえる環境でも十分なこともあります。
例えば最初に理想のボディになるためのトレーニング方法についてアドバイスをもらいます。毎回その通りにトレーニングを行えば特に問題はないのですが、知らぬ間に変更してしまっていたり、忘れてしまうこともあります。そのようなときに直ぐに聞くことができる体制さえあれば特に問題はないでしょう。