会社設立時に決める任意的記載事項

会社設立をするときに作成する定款には記載すべき内容とそうではない内容とがあります。特に記載してもしなくても良い内容は任意的記載事項と呼ばれます。任意的記載事項を記載しなくても定款は認証してもらう事ができますから問題はないでしょう。ですから、シンプルな設計にするためにはできるだけ任意的記載事項を小さくするという方法が考えられるでしょう。
任意的記載事項に多くのものを記載してしまうと、それによって会社経営が制限されてしまうこともあるでしょう。つまり、経営者の裁量が届かなくなりますから、スピーディーな経営ができなくなる可能性があります。大企業なら色々なルールを決めるのも良いと思いますが、小さい会社のメリットは経営判断が迅速に行えるということでしょう。このことを考えれば、色々なルールを定めることによって経営をしにくくするというのは、あまり良い方法だとは考えられないのです。会社設立をするときに、それほど規模が大きくないのなら、できるだけ任意的記載事項はシンプルにしておいて、よほど必要なもの以外は記載しないほうがよいでしょう。
会社設立のときに定めた定款を変更するためには色々な手続きが必要になりますから、できるだけ余計なものは記載しないほうがよいでしょう。