会社設立での出資金の払い込み

会社設立をするときには出資者が出資金を支払うことになりますが、このときには発起人が銀行口座を開設して、その口座に払い込むことになります。払い込みに利用できるのは銀行や信託会社、信用金庫などの金融機関になります。
出資金の払い込みをするときには金融機関を利用することになるのですが、過去には金融機関が証明書を発行していました。この証明書の発行をすることによって、金融機関は出資金を確保しなければならないなどの責任が発生することになりますが、そのために金融機関は積極的には乗り出そうとは思わなかったのです。そのため、銀行によって出資金の払い込みを利用できない場合もあったそうです。そうなると会社設立ができないわけですから、これが問題となり、会社法の改正によって証明書は不要になったのです。現在では出資金の払い込みのために特別な証明書は必要ありません。
どちらにしても、会社設立をするときには出資金の払い込みが必要となるのですが、発起人の個人名義の口座を準備するという事が必要となってきます。個人名義の口座ですから問題なく解説する事はできると思いますが、早めに解説して準備をしておくことも必要だと考えられるのです。