システム開発について

今の時代は、何をするにしてもコンピュータが関わってこないということはないくらいだと思います。
会社レベルにしろ個人レベルにしろ「パソコンを使わない」ということはないくらいだと、いえるのではないでしょうか。
そんな時代で、会社における「システム開発」というのは、考えて当然なことなのではないかと思います。
「システム開発」というのはただ「コンピュータのソフトに関する開発」という側面だけのことではなくて、「何の目的でどういうふうにシステムを開発をしたいのか」や「全体としてどういう利益を出すように開発したいという考え方があるのか」ということだと思います。
そういったことをシステム開発を行う業者にはっきりとわかりやすく伝えるといいのではないかと思います。
そうすると、システム開発を請け負った側も、「具体的にどういうふうにシステム開発を行えばいいか」がわかりやすくなるのではないかと思いますから。
「こうしたい、こういう効果が出るようにしてほしい」という具体的な要望をはっきりわかりやすく伝えることが、いいシステム開発を行える要素なのではないかと思いました。