賃貸経営の魅力

賃貸経営。
所有する不動産、つまり土地や建物を賃貸し、その賃料収入によって収益をはかるのが、賃貸経営です。
賃貸人は不動産を使用収益することの対価として賃料を賃貸人に支払うという賃貸借契約を結びます。
したがって、賃貸人には賃貸借の目的物たる不動産を賃借人に使用収益させる義務があり、壊れたときは修繕費用が発生します。
固定資産税も支払わねばなりませんから、賃料がまるまる利益になるということではありません。
ただ、最近は不況で企業の倒産やリストラが相次ぎ、その影響で月々の家賃を支払うこともままならないような人も増えているようです。
もともとあった家などの場合はそれでもいいかもしれませんが、賃料収入で返済するつもりで不動産をローンで購入したような場合は、大問題になります。
ですから、どのような人に貸すか、という点については慎重にならざるを得ません。
借りてくれれば誰でもいい、というわけにはいかないのです。
それでも、不労所得はやはり魅力です。