卸売りの業者がいる、存在価値について

ユーザーの立場からすると、お店で物を買うので、卸売り
の業者って、必要あるのかなみたいな感覚があると思います。
なんとなく、値段を上乗せされているような印象ですよね。
しかし、その必要な存在価値があります。
意外と知られて
いないので、それについて説明してゆこうと思います。
とりあえず、世の中を見渡すと、生産者も消費者も膨大な数に
なります。
その仲介を、小売店だけでしようとすると、とんでもない
ことになります。
生産メーカーは、ある程度の数を作らないと
利益も出ませんし、金額を高くする必要があるので、小売店は
小さなショップレベルでも、膨大な数の商品を仕入れる必要性が
出て来ます。
業界での付き合いが複数のメーカーだけという形になると、
意見や情報も偏るし、一堂に会する機会もないですし、融通が利きません。
卸売りの業者がいれば、そこから振り分けもできますし、業者主催の
見本市で情報も交換できます。
複数のメーカーの商品を、少しずつ種類を豊富にみたいな仕入れ方も、
卸売りの御者のおかげで、出来るようになるのです。